商品登録代行の見積について

ネットショップのための商品登録代行センターです!

商品登録においてお得な見積を提出させて頂くヒントについて
色々なお問い合わせを日々頂き誠にありがとうございます

もちろんお見積りやご相談は無料でさせて頂いております

日々、見積書をご提出する中で、これはもったいないな~とか
どうしても比較的単価の高い見積書になってしまうと思う事もしばしばあります

 

もっとお安い価格で提供できたら良いのに!っていう感じです
我々もお客様にとって便利で、お得に商品登録代行サービスを提供したいと考えています

当社の作業単価については、お安く提供できる自信も持っているのですが・・・
それが提案できないのが、歯がゆく感じることも日々ございます・・・

 

なのでせっかくのこの場をお借りして、安く御見積書出せるためのヒントや工夫を
ちょっとご紹介したいと思います

 

では弊社の見積書はどのような感じで作られているのでしょうか?
見積書はズバリ、作業時間と共に比例します

 

ご相談をお受けした場合、どうしても作業手順や作業内容が不明確の場合
当社の御見積書には安全マージンの価格が含まれてしまいます

 

いわゆる概算見積という感じになってしまいます
この場合はどうしても、単価が比較的高め設定なってしまいます

 

ではどうしたら単価は安くなるのでしょうか?
作業がかなり明確になっていることです

 

例えばお客様から
『紙カタログから1000商品のテキストデータと画像データを抜きたいのだけれども価格はいくらになりますか?』
この場合、どこからテキストデータを持ってくるのか?画像データはどこからなのか?
余りにもご希望が漠然過ぎて、概算見積りになってしまいます
この場合では当社の力(お得な単価を提示する事)を発揮する事ができません

その他の単価が上がる要因としましては例えば
『4種類の紙カタログから見るのか?』『紙カタログ10種類からみるか』では作業の単純さがかなり変わります

また参照元のWEBサイトが1つなのか?3つなのか?によって作業量が変更となりますので
見積単価も変動してしまいます

簡単に申し上げますと
この紙カタログAのこの場所をエクセルB列に入れてくださいという事が決まれば
その場合、作業がかなり明確化されていると言えます

 

作業として20秒かかるところを40秒必要であるとなれば
それだけで単価は単純に2倍に跳ね上がってしまいます
また不明慮な内容に関してはどうしても、時間を長めに考慮してしまいます

 

なのでできる限りお見積り依頼の場合、作業内容を明確化及び、単純化にして頂いた方が
当社としては、かなり自信のある価格を提示する事ができます

 

お客様はもちろん商品登録についてお詳しい訳ではありませんので、
内容をお聞かせ頂けると、いろいろと当社でご提案できるかと思います

 

ぜひ、ご相談頂けると助かります
もちろん色々とアドバイスもさせて頂きますので
ご遠慮なくおっしゃってください

金額やお見積りに関する質問は・・・

 

お問い合わせはご遠慮なくこちらから
http://shouhintouroku.jp/

 

またはフリーダイヤルでお電話ください
0120-954-485
平日10:00~18:00