商品登録代行料金の比較について

ネットショップのための商品登録代行センターです!

 

商品登録代行料金について多数お問い合わせをいただいております

お話をお伺いしていると、他社との料金比較をしたいというお声をよくお伺いします

 

d378e1ef720309426cc91e7a741cec41_s

 

最近では商品登録代行の会社が増えて、正直どこに注目をしたらいいのかわからない場合がありますよね

料金比較ももちろん大事ですが、それと同時に確認しておきたいサービス内容についてお伝えします

 

 

①登録用の素材の準備について

 

登録先への画像の作成、テキスト入力やバナーなどを用意してくれるのかどうかを確認しておきましょう

料金体系が安い会社に比較的多いので、必ず確認したい点です

 

②多数のネットショップに対応可能

 

商品登録を検討している会社様はYAHOOショッピングや楽天モールでネット、アマゾン(AMAZON)などの媒体を考えているところは多いです

しかしながら、自社サイトとYAHOOショッピングや楽天モールはできるけど、アマゾンはできないというケースもよくあります。そうなると、アマゾンは他社にお願いするか自社でやるかということになって、コストが倍になってしまいます

登録したい媒体がすべて揃っているところを選択するほうがいいでしょう

 

③テキスト作成、データ起こしなどのゼロからの対応について

 

今までの販売方法がカタログのみという会社様も少なくありません。その場合、紙媒体のものをExcelに自社でデータ作成するのか、それとも登録代行業者が作成してくれるのかもよく確認しましょう

もし、自社で作成するのに、料金が他と変わらないのであれば、1件ごとの料金は高くついてしまいます

 

④キャンペーンやセールなどの繁忙期の対応について

 

一番見落としがちなのが、キャンペーンやセール、お中元やお歳暮の時期の繁忙期等の対応です

イレギュラーな対応と思われがちですが、このデータは自社でということになると、手間と時間を要します。こういった場合でも事前に対応してくれるのかどうか、先に確認しましょう

 

 

登録代行業者を利用するときに料金は安く済ませたいというのは、当たり前の考えですが、料金のことばかり見てしまうと上記の4つのことを見落としてしまいがちになります

 

637052704b946054df1e8e9d08461cc0_s

 

4つが揃ってそれでもなお、料金が安ければ利用するべき会社だと思いますが、自社でしなくていけないことがほとんどで、登録のみというケースもよく見かけるので、多くの会社で比較して利用するのがいいですね

 


 

お問い合わせはご遠慮なくこちらから
http://shouhintouroku.jp/

またはフリーダイヤルでお電話ください
0120-954-485
平日10:00~18:00