Yahooショッピングにおける商品登録の注意点

ネットショップのための商品登録代行センターです!

 

Yahooショッピングや楽天などのモールを運営する上でCSV編集、アップロードは会社様にとって、とても便利な機能です

 

しかし、Yahooショッピングではこの機能が少しわかりづらくなっています

この機能で苦労されている会社様も多くみてきました

 

特に楽天からYahooショッピングへの移管の場合、見た目は同じような機能なので混乱してしまう会社様が多くいらっしゃいました

 

90677ac786f127aee2de0a7a0dead8d0_s

 

YahooショッピングにおけるCSVアップロードの機能は「項目指定」「追加」「削除」「上書き」の4つです

この4つの機能は使い分けが必要です

 

1.項目指定 … 登録済みの一部分のみを変更したい場合(価格や商品説明など)
2.追加 … 新しい商品の追加
3.上書き … 商品ラインナップを一新したい場合
4.削除 … 廃盤などで削除が必要な商品

 

1、4についてはさほど問題ありませんが、2と3については注意が必要です

 

なぜなら、上書きや追加でも間違った方法でアップロードを行うと、既存の商品登録が削除されてしまうからです

 

 

通常であれば、上書きすると上書きしたいデータだけが書き換えられ、何もしないデータはそのまま残ります

ですが、Yahooショッピングの場合は、上書きしたいデータを書き換えようとアップロードすると、何もしないデータまで消えてしまいます

 

書き換えたデータだけが残るので、上書きというよりも商品の入れ替えに近い機能です

 

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

 

また、追加の場合はアップロードした商品が追加される仕組みですが、追加したい商品だけをアップロードすると元々ストア内にあった既存の商品は消えてしまいます

 

 

こちらも上書き同様、入れ替え機能と言った方がいいのかもしれませんね

 

もちろん、上書きや追加がわかりにくいときには、項目指定だけを使って作業する方法もあります

 

しかし、上書きや追加をしたほうが早い場合もあるので、使い方に不安がある会社様は、当社におまかせください

経験豊富なスタッフが、混乱してしまうような商品登録の作業も時間をかけずに行うことができます

 


 

お問い合わせはご遠慮なくこちらから
http://shouhintouroku.jp/

またはフリーダイヤルでお電話ください
0120-954-485
平日10:00~18:00