年始の初売りや福袋における各ECモールごとの特徴

明けましておめでとうございます。ネットショップのための商品登録センターです

 

年が明け、もう1月も3週目に入っています。ネットショップを経営されている皆さまも新たな抱負を胸に事業に取り組んでおられることと思います

 

 

さて、年始といえば毎年ECモールでも初売りや福袋などのセールを行っていますね。お得な価格で商品が手に入るとあって、利用者も損をするまいと日々ECモールをチェックして回っています

 

 

こういった利用者が集まりやすい時期にECモールに商品を登録しておくだけでも、商品ページへの訪問者数増加が期待できます

 

ですが、ECモールごとに福袋の傾向が異なっていることはご存知でしょうか。ECモール大手からアマゾン、楽天市場、Yahooショッピングを比べると、それぞれに特徴があることがわかってきます

 

アマゾンは2017年の年始には他モールにあるような福袋をトップページで大々的に売り出すことはしていません。これはアマゾンが店舗単位よりも商品単位での販売をベースとしているためと考えられます

 

一方、楽天市場やYahooショッピングでは初売りと福袋の販売を行っていますが、この2つのECモールの間でも違いが見られます

 

楽天市場では幅広いジャンルを用意しているのに対し、Yahooショッピングではジャンル分けがシンプルになっています

 

つまり、楽天市場は利用者に対して「訳ありでお得な福袋」のようなお楽しみ福袋を多数提供していますが、Yahooショッピングは「このジャンルのものが欲しい」とニーズが明確な利用者をターゲットとしていることがわかるのです

 

 

こうした戦略の違いは集客力にも影響してきますし、今後ECモールがどのような客層を取り込んでいきたいのかを考える上でも分析に役立ちます

 

これらのECモールに出店されている会社様が扱う商品ごとに、最適なECモールへ最適な時期に商品を登録していくことが売上げを伸ばす近道となるでしょう

 

しかし、もう1月も下旬に差しかかる今になって商品を登録したくても、初売りや福袋の販売期間には間に合わないと諦めていませんか?

 

当社ではお問い合わせをいただいてから最短3日での納品が可能です。年始商戦は売上げを伸ばすチャンスとなりますので、是非商品登録代行のご利用をご検討ください

 


 

お問い合わせはご遠慮なくこちらから
http://shouhintouroku.jp/

またはフリーダイヤルでお電話ください
0120-954-485
平日10:00~18:00