商品データ作成前に!

ネットショップのための商品登録センターです!

 

今回のお話ではECショップを運営する為の事前準備に関しましてお話をさせていただきます!

 

初めてのECサイトの運営をお考えの方は、

【Amazon】【楽天】【yahoo】

の3サイトを基準にお考えになられている方が多いと思います。

 

それぞれのECサイトには、様々な特徴はありますが、

商品のデータを作る上での基本の部分に関しましては大きな違いはありません。

 

登録ルール等は各ECサイトによって違いはありますが、商品のデータ自体には変化がないためです。

 

運営される方は、まずはいずれかのECサイトで運用を行い、手応えを感じながら、

別のECサイトでも運用を行っていこうといった考えが主流だと思います。

 

将来的な面を考え、商品データを作る際にはいくつか先を見据えたデータを作成する必要があると思います。

 

例えば、【yahoo】でのECサイトをお考えの方は、

商品データを作成する際に、商品名を作成する際に気をつけてデータを作成する必要があります。

【yahoo】さんでは商品データの文字数制限がある為です。

一方では【楽天】では【yahoo】程商品名に関する文字制限が厳しくない為、検索対象になりやすい文字などを商品名に追加する場合もあります。

 

わかりやすい事例をご説明させていただきますと、

【amazo】で一括で商品登録を行う際には、janコードが必要になります。

手続き次第では、一括アップロードを行うことは可能ですが、【楽天】【yahoo】ではJANコードの登録が必須業務とはなっておりません。

 

【yahoo】や【楽天】で運営をされていた方は、【amazon】で現行のデータをそのまま転用し運営したい際にネックな部分となってきます。

 

又、画像に関しましても、【yahoo】【楽天】で加工した画像がある際も、【amazon】で商品データの画像として使う際に、

【amazon】基準の画像と見なされない為、転用が効かない場合もあります。

 

各ECサイトではそれぞれに特徴がある為、最初の段階では手間になる可能性もありますが、

必要になりそうなデータの入力や、データを作る際に事前に用意した資料に関しては、きっちりと保管を行ったほうが無難だと思います。

 

いかがだったでしょうか?

参考になれば幸いと思います。

お問い合わせはご遠慮なくこちらから
http://shouhintouroku.jp/

またはフリーダイヤルでお電話ください
0120-954-485
平日10:00~18:00