楽天の違反とペナルティについて(2018年度版)


楽天の違反とペナルティについて(2018年度版)

 
こんにちは。
商品登録センターの”ほっちゃん”です。
日々、EXCELを駆使して皆様のデータ入力をしています。
久しぶりに晴れましたね。最近日が長いと思っていたらもう夏至だそうです。あっという間ですね。

 
いいECしてますか?どんどん稼いでいきましょう!(^^)/

 
楽天は機能やガイドライン改正を通じてRakutenブランドの脱皮を目指していますね。
2016年にガイドライン制定と違反点数/ペナルティ制度を作成し、2018年は画像ガイドラインも新たに作られました。
 
 
これにより10万~300万という罰金や退店処分を受ける店舗様も出ており、当社のWeb作製担当にも緊急コールが入っておりました。300万!高いですね~!

 
しかし、薬事関連にひっかかるとアッという間に達してしまいますよ。要注意です。
 
 
違反点数によるペナルティ一覧を見てみましょう。

 
 

年間累積
違反点数
違反レベル 表示制限 RMS機能
利用制限
違約金
ランキング掲載制限 検索表示順位ダウン 一部媒体掲載制限 R-Mail利用停止 一時改装中処理
35 7日 7日 7日 10万円
55 14日 14日 14日 14日 40万円
75 21日 21日 21日 21日 70万円
80 28日 28日 28日 14日 140万円
100 Ⅴ-A 56日 56日 56日 28日 300万円
Ⅴ-B 原則契約解除
(出店継続判断となった場合はⅤ-Aの通り)
当社の損害に応じて算出

出典:Rakuten
 
 
違反ポイントは毎年1月1日にリセットされ、通年でカウントされます。

 

 
制限期間は7日と記載されていますが、実際には無料広告に当たりづらくなったり、7日立っても検索表示が改善されないなど、様々な情報が入っています。
 

違反点数の中には「うっかり」「悪気なく」行ってしまうものも多いので、これからも情報収集は欠かせませんね。

 
違反とペナルティに関しては情報量が非常に多いので、回を改めて記載させていただきます。

 
それでは、よいEC運営を!
 
 



 
当社はCSVデータの取り扱いにも経験豊富なスタッフが対応いたします!

安心してお任せください!

 

 

商品登録に関するお問い合わせはご遠慮なくこちらから

http://shouhintouroku.jp/

 

またはフリーダイヤルでお電話ください

0120-954-485

平日10:00~18:00