売れるワードを探そう!


売れるワードを探そう!
~顧客の検索からこぼれ落ちたもの~

 
こんにちは。
商品登録センターの”ほっちゃん”です。
日々、EXCELを駆使して皆様のデータ入力をしています。

 
梅雨は終わったのかな?と思うほど暑いですね。
みなさま、熱中症にはご注意下さい。

 
 
今回は、【楽天で稼ぎ損なっているワードはありませんか?】がテーマです。
皆様に良き仕入れあれ! 

 
 



ニーズはあるが販売されていない商品一覧を見る

 
ネットショップでは日々、仕入れる商材を探し、見極めていくことも大事なお仕事ですね。

 
楽天ではユーザーが検索したワードのうち、登録がなかったり品薄な商品を見ることができる機能があります。

 
2016年に入ってから公開が開始された「品薄製品リスト」と「Not Foundワードリスト」という機能をご存知でしょうか?
 
これは文字どおり、「品薄状態の商品」と「検索したけれど見つからなかった商品」を、楽天のビッグデータから抽出したものです。検索されていますからニーズはあるけれど、商品が無いもしくは少ないということですから、競合も少なく購入に繋がりやすい商品とも言えます。
 
これらを見る機能は、楽天に出店している店舗様なら無料で使用することができます。 
 
ぜひ、RMSトップ画面>「1-1商品登録・更新」>「一括編集機能」>「取り扱い詳細レポート」をチェックください。
 
 

 



品薄製品リストとは
 
品薄製品リストとは、楽天市場内で顧客のニーズがあるにも関わらず品薄、在庫切れ、もしくは注目が高い商品のリストです。
 
カテゴリごとにリストが分類されており、毎月第3営業日前後に定期的に更新されます。 
 
<表示項目>
1.商品管理番号(JANコード)
2.ディレクトリID
3.ディレクトリ名
4.商品名

 
上記表示項目の一覧データをダウンロードして使用できますが、項目数や品数が多いのでEXCELでフィルターを掛けて自社にあったカテゴリを絞り込んでからチェックされるとよろしいかと思います。
 
 

生産終了商品や型落ちの商品も検索されていて入荷不能の物もありますが、流通している商品で取扱可能な商品の仕入れを検討すると、競合他社が取り扱っていない商品を扱うことができ、ユーザー獲得の可能性が広がりますね。
 

また、上記データを定期的にダウンロード・確認し、検索ワードやニーズの推移を見ることで今売れているキーワードの傾向を感じ取り分析する力、つまり「キーワードに関する感性と精度」が強化されますから、その面でも良いツールと言えます。(時流を捉えることはネットショップ成功の要因の1つですものね)

 
 



Not Foundワードリストとは
 
「Not Foundワードリスト」とは、ユーザーが楽天市場内で商品検索したけれども「該当がなかったワード」です。

 
検索件数が多いにも関わらず登録されていない商品は、登録することで新しい顧客を獲得できる可能性があります。
 
「Not Foundワードリスト」は定休日を除いて毎日更新されています。
 
 
 
ここがいい!ソースが表示されている
 
Not Foundワードリストの良いところは、検索ワードの出所やメディアの種別(テレビ放送/ネット/メーカープレスリリースなど)、参照URLなどソースの詳細が掲載されているところです。

 
このため信憑性も高く、トレンドを把握して販売するためには非常に良いツールとなっています。
 
ソースが明示されているので、どのメディアのどの人物が発信する情報が影響力が強いかを知ることができますし、流行をいち早くキャッチすることに役立ちます。
 
一時のピークならば売り切るもよし、1つのジャンルとしてブルーオーシャンを目指すもよし。戦略は店長さん次第です。
 
「勘」と「経験値」で仕入れや売上が左右されやすいECサイトショッピングの世界ですが、データを活用することで中長期の売上を図っていきたいですね!
 
 
 



データの更新・移行は当社でもお受けしております!
Yahoo!ショッピング、カラーミーショップ、自社ECサイトのほか、楽天からAmazonへの移行、Amazonから楽天への移行、季節商品のアップロード、登録商品の変更など幅広く対応しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
 
当社はCSVデータの取り扱いにも経験豊富なスタッフが対応いたします!

安心してお任せください!

 

 

商品登録に関するお問い合わせはご遠慮なくこちらから

http://shouhintouroku.jp/

 

またはフリーダイヤルでお電話ください

0120-954-485

平日10:00~18:00