2018年 Amazonプライムデーの動向


2018年 Amazonプライムデーの動向
~36時間開催・体験型イベントも追加したAmazonプライムデー~

 
こんにちは。梅雨が終わって蒸し暑い日が続きますね。
商品登録センターの”ほっちゃん”です。
日々、EXCELを駆使してECサイトのデータを登録しています。

 
さて、ついに発表されましたね。Amazonのプライムデー!
 
今回も時間拡大+参加国追加で、売上を大幅に増加させる気配がひしひしと漂っておりますね。
 
 
      
 


2018年は36時間に拡大!
7月16日(月・祝)12:00~7月17日(火)23:59まで

 
2017年は30時間でしたが、今年は更に拡大され
1日半にわたって実施される過去最大規模のプライムデーとなります。

 
今年は新たにオーストラリア、シンガポール、オランダおよびルクセンブルクが参加します。
 
2017年7月11日に開催された際は13ヵ国(アメリカ、イギリス、スペイン、メキシコ、日本、イタリア、インド、ドイツ、フランス、中国、カナダ、オーストリア、ベルギー)が参入しましたから、増加の一途をたどっておりますね。
 
 
 


2016年は2015年より売上が60%増
アメリカの消費者の注文量は2015年より50%増


プライムデーは2018年で4回目の開催となります。
 
売上は非公開ですが、Amazonはプライムデー開催のたびに大幅な売上増を報告するプレスリリースを発行しています。
 
また、プライム会員登録人数も増加の一途を辿っています。
 
 

Amazonプライム会員は2017年に1億人を突破

 
米国Amazon.com、Worldwide Consumer CEO、ジェフ・ウィルキは次のように述べています。

「今年のプライムデーでは、プライム会員の皆様は36時間にわたり、100万点以上のセール商品のお買い物をお楽しみいただけます。
 
また、今年から新たに、世界中の数百ものブランドによるプライムデー限定の商品やプライム会員先行販売商品などのプライムデー特別商品を提供します。
 
さらに、世界主要都市において、巨大なAmazonボックスを用意したエンターテイメントイベントも開催します。
 
世界中の1億人以上のプライム会員の皆様にとって、過去最高のプライムデーとなるでしょう。」
 
 
 
プライム会員は日本では200万人~300万人とも600万人とも言われている
 
プライムデーは年会費もしくは月会費を支払っているプライム会員限定のイベントのため、登録が必要となります。
 
Amazonはプライム会員の人数を公表しておりませんが世界で1億人以上おり、日本では数百万規模と推測されています。
 
また、無料登録でも30日間はプライム会員特典を受けることができ、無料期間でもプライムデーに参加できますので、今年のイベントでもまた会員の増加が見込まれます。
 


今年から「体験を売る」トピックも登場

 
世界主要都市において、巨大なAmazonボックスを用意したエンターテイメントイベントも開催します。とAmazonが宣言した通り、「モノより思い出」とも言える体験型イベントが今年から販売されます。
 
 
      
 
       三越とコラボレーションした寿司職人体験+全国銘菓セット 
 
 
日本橋三越本店の「紅はし」にて、寿司職人体験ができる参加券と、全国銘菓セット商品で、注文後にチケットが発送されます。
 
物を自由に手に入れられる時代になり、体験を重視する価値観は存在感を増していますから 
エンターテイメントイベントは12月のプライムデー以降も強化されていくと思われます。
 
体験型のため地域が限られやすいのが難点ですが、「7月と12月には体験イベント」をセールプログラムに組み込むのも、よいのではないでしょうか
 

 

 



データの更新・移行は当社でもお受けしております!
楽天からAmazonへの移行、Amazonから楽天への移行、季節商品のアップロード、登録商品の変更などにも幅広く対応しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
 
 
 
当社はCSVデータの取り扱いにも経験豊富なスタッフが対応いたします!

安心してお任せください!

 

 

商品登録に関するお問い合わせはご遠慮なくこちらから

http://shouhintouroku.jp/