売上をあげる!閲覧数を上げるポイント


売上をあげる!閲覧数を上げるポイント

 
こんにちは。台風や地震が過ぎたと思ったら急に涼しくなりましたね。
風邪など引かれないようご注意ください。
商品登録センターの”ほっちゃん”です。
日々、EXCELを駆使して皆様のデータ入力をしています。

 
今回はECサイトでコンバージョン率を上げるために、まずアクセスを増やそう!という面からお話いたします。 
 
コンバージョン率(転換率/ECサイトへの集客数に対して、商品が購入される確率)は 
検索数>閲覧数>転換率で減少していきます。ので、まずは検索で自社ページへたどり着いていただくことが重要ですね。 
 
 
Amazonや楽天などのモール系サイトに出店していて、 
自社にアクセスするルートにはどのようなものがあるでしょうか? 
 
1)検索型ルート 
2)カテゴリルート 
 
ブックマーク以外では、上記2つが通常のルートです。 
 




2つのルートを確認しましょう 

 
 
1)は検索エンジンを通して来店するルートです。 
 
検索エンジンの種類は大きく2種類あります 
 
A.GoogleやYahoo等の大型検索エンジン 
 
B.AmazonのTOPページに設置されている検索エンジン 
 
どちらも、適切なキーワードを設定してニーズのある方にお越しいただくことが大切です。キーワードを選定して商品のページに誘導しましょう。 
 
 
 
2)はTOPページのカテゴリを伝って商品にたどり着くルートです。 
 
商品を適切なカテゴリに分類しすることで、ニーズに合った商品ページへに適切に誘導することができます。 
 
 



2つのルートでアクセス数を上げる対策 

 
■検索型ルートへの対策 
 
・自社の商品がキーワード検索にヒットするために、下記キーワードが選定されているか? 
 
 ・商品名 
 
 ・ブランド. 商品 説明・ 商品 の仕様 
 
 ・その他の項目(型番等) 
 
 ・ 検索キーワード 
 
 
 
■カテゴリルートへの対策 
 
・カテゴリ内に自社の商品が掲載されているか? 
 
・同じ商品でも、アクセス数の多いカテゴリに見直しを行えないか? 
 
 


 
 
■共通の対策 
 
・検索結果や商品一覧ページで、いかに絞込検索に対応するか? 
 
 
・ 絞込検索のキーワードは抽象的でなく、詳細かつ具体的なものを登録する 
 
 
 
 
■最適化のポイント 
 
・ メイン画像がわかりやすい、きれい 
 
・商品名がわかりやすい 
 
・価格に競争力がある 
 
・ 配送納期が迅速で明確 
 
・ 出品企業が明確 
 
*Amazonなら【FBA ・マケプレライム マケプレライム マケプレライム マケプレライム マケプレライム 利用の商品】や配送納期、配送料が記載されていない/配送納期、配送料が記載されているか 
 
 
上記の点が主な改善ポイントです。 
 
アクセス数を増やしてからコンバージョン率を上げるには 
・個別商品のページを見やすくする 
・具体的な使用例を提示する 
・購入ボタンをクリックしやすい場所に置く 
 
など様々なテクニックがございます。 
それらは適切なアクセスがあってこそ活きますので、ぜひアクセス改善にも取り組まれてみてはいかがでしょうか。
 
 
 
それでは、良い売上げを! 
 
 



 
当社はCSVデータの取り扱いにも経験豊富なスタッフが対応いたします!

安心してお任せください!

 

 

商品登録に関するお問い合わせはご遠慮なくこちらから

http://shouhintouroku.jp/

 

またはフリーダイヤルでお電話ください

0120-954-485

平日10:00~18:00