2018年楽天のチェックツールがリリース

2018年楽天のチェックツールがリリース

 
こんにちは、商品登録センターのほっちゃんです。 
 
急に秋っぽく涼しくなりましたね。風邪をひかれる方も多いようです。 
関東の皆様はじめ、台風や地震等にあわれた方も気温の変化にお気をつけください。。
 
 
さて、今回は楽天画像ガイドラインに伴う判定ツールについてお話させていただきたいとおもいます。
 
2種類リリースされましたが、まずは即時判定のソフトウエアを使ってみましょう。
 
 



2018年9月13日に楽天RMSの【商品一覧】>【変更】>【商品画像(1)】のところにあるボタンが変わりました。
 
 
商品画像(1)は下記のような構成になっております
 
1)R-cabinetから画像を選択・変更するボタン
 
2)URL入力欄
 
3)画像登録の際は、商品画像登録ガイドラインをご確認ください。の注意書きおよびリンク
 
4)URL例
 
5)【画像判定ツールを起動する】ボタン←変更部分
 
6)ALT属性記入欄
 
 



 
入力されたURLを直接判定するツール 

 
 
2018年の楽天画像ガイドライン改定では3つのポイントが制定されました。 
簡単におさらいをすると下記のようになります。
 
 
・商品画像内に配置するテキスト要素の占有率は20%以下とすること 
 (概要:画像を縦横10マス=100分割し、テキスト要素が入っているマスが20マス以下)
 
・枠線なしの商品画像の登録をすること 
 (概要:枠線とは画像の4辺を囲う線のほか、L字・帯状などの要素を含み、辺の太さによらず枠線の使用は不可)
 
・商品画像の背景は、写真背景か単色白背景のみを使用すること 
 (概要:商品と一緒に撮影された背景、もしくはカラーコード #FFFFFFの背景)
 
 
 
 
今回のリリースツールのうち、即時判定は下記の機能を備えています。
 
・画像がガイドラインに準拠しているかを 
・商品一覧から画像一枚ごとに 
・即時に判定できる 

 
 
※対応はJPG形式のみとなっております。
 
では、早速使用してみましょう! 
 
チェックしたい画像を商品一覧から選択しましたら、画像の下のボタンをクリックするだけです。
 

 
クリックしますと、新しいウィンドウが立ち上がり即座に結果が表示されます。
 



 

 
 
三要素に分かれて、それぞれの判定結果が表示されます。 
 
判定結果◎、○、△、×の4つです。

 
△、×の箇所は修正を行うことで、基本的にはペナルティを回避できます。 
 
ただ、今後ツールがバージョンアップされた際などに判定が変わるケースもありそうですので、しばらくは注意していきたいですね。
 
次回は、即時判定と同時にリリースされたCSV形式でのチェックツールについて解説させていただきます!
 
それでは、良い売上げを! 
 
 
 

 



データの更新・移行は当社でもお受けしております!
楽天からAmazonへの移行、Amazonから楽天への移行、季節商品のアップロード、登録商品の変更などにも幅広く対応しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
 
 
 
当社はCSVデータの取り扱いにも経験豊富なスタッフが対応いたします!

安心してお任せください!

 

 

商品登録に関するお問い合わせはご遠慮なくこちらから

http://shouhintouroku.jp/