「Amazonブランド登録 って」何?

こんにちは。 お元気ですか?
 
唐突ですが、「π」(パイ)は ご存じですよね。 (頭がいたくなっちゃう方もいたりして)
 
なんと、この「π」は 3月14日が記念日。。。
 
なぜ?その日?というのは、ご想像どおりです。
 
この日の祝い方が 面白いですよ。 そのまんま パイを食べる などです。
 
楽しいですね。
 
さて、それでは、今日は
 
「Amazonブランド登録 って」何?  について、やってみましょう。パチパチパチ
 
最後まで お付き合いをお願いします。
 


Amazonブランド登録 とは?

 
Amazonにおける登録商品のお客様のブランド保護をサポート
 
Amazonブランド登録は、知的財産の保護や、Amazonの購入者への正確で
 
信頼できる商品情報の提供に役立ちます。
 

メリット

 
各種ツールを利用して、ブランドをより正確に表示したり、違反を発見して報告したり、
 
Amazonが違反を積極的に防止する上で役立つ情報を共有したりできます。
 

<ブランドの正確な表示>

 
ブランド名が使われている商品ページに対する管理を強化できます。
 
そのため、登録商品のお客様のブランドに関連する正確な情報が購入者に
 
表示されやすくなります。
 

<強力な検索とレポートのツール>

 
ブランド専用に作成された以下のようなカスタム機能で、
 
権利侵害の可能性があるケースの検索プロセスが効率化されます。
 
 • グローバル検索:他のページに移動することなく同じ画面で、
 
  さまざまなAmazonストアのコンテンツを検索します。
 
 • 画像検索:画像を使用する商品またはロゴに一致する、
 
  Amazonの出品商品を検索します。
 
 • ASINの一括検索:ASINまたは商品URLのリストを一括検索して、
 
  権利侵害の疑いがあるコンテンツを迅速に見つけてレポートします。
 
※検索完了後、ガイド付きの簡単なワークフローを使用して、
 
権利侵害が疑われる問題について報告できます。
 
報告を受けた場合、Amazonは確認のうえ適切な措置を講じてくれます。
 

<その他の積極的なブランド保護活動>

 
登録商品のお客様のブランドを守るための一般的な措置に加え、積極的な保護活動として、
 
ブランド登録では登録時に提供いただいた情報を利用し、
 
侵害が疑われる出品の特定と削除を試みています。
 
そのため、お持ちのブランドやその知的財産権について
 
Amazonブランド登録にご提供いただく情報が多いほど、
 
より多くのサポートを提供されます。
 

<ブランド登録サポート>

 
Amazonのグローバルチームが、
 
24時間365日無休でAmazonブランド登録者様からのご質問に答えてくれます。
 

資格要件の確認

 
登録する国ごとにブランドに有効な登録商標が必要となります。
 

<日本の場合>

 
• 商標登録機関:特許庁
 
• 法律:商標登録が有効である必要があります。
 
• テキスト商標:文字商標
 
• 画像商標:文字要素を含む図形商標、デザイン文字/結合商標
 

Amazonブランド登録

 
セラーセントラルまたはベンダーセントラルの認証情報を使ってサインインします。
 
その後、ブランド(複数可)を登録します。
 

ブランドを登録するには、次の情報を提供していただく必要があります。
 • 有効な登録商標を持つお客様のブランド名。
 
 • 公的機関に登録された登録商標番号。
 
 • ブランドを入れるべき商品カテゴリー
 
  (服&ファッション小物、スポーツ、エレクトロニクスなど)のリスト。
 
 • ブランドの商品が製造されて流通される国のリスト。

 
※登録時に提出された情報をAmazonが確認すると、
 
Amazonブランド登録の機能を利用できるようになります。
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?
 
メリットが多いブランド登録ですが、これだけでなく、
 
このブランド登録をした後、
 
各商品に必ず必要なJANコードなどの入力をしなくて済むという免除申請が可能になります。
 
これだけでも、価値はあるかと思います。
 
また、商品登録が多くて たいへん 面倒 そんな時は、
 
商品登録センターに ご一報ください。 
 
商品登録センター まぬるでした。

コメント